Rabbit Street 本店 BLOG

ガラスコーティングやってます

暖かくなってきましたね

新生活などで自転車を新しくご購入された方も多いのではないでしょうか

本日は愛車を長く綺麗な状態でを保っていただくために
ガラスコーティングのご案内になります。

スポーツバイクは多くの楽しみを得る事ができ、ウォーキングやランニングでは
考えられない距離を短時間で走ることができ、四季折々の自然を楽しむことができる
素晴らしいアクティビティです。

そんな自転車ですが走れば走るほど・・汚れる

愛車はいつもピカピカにしていたいし、出来るだけ汚れもサッと落としたい!!

Rabbit Street本店では
クレスト
クレスト4℃のガラスコーティングの施工を行っております。

クレスト4℃のガラスコーティングをすれば防汚性にも優れ、
汚れが付着してしまってもほとんどの場合水で洗い流すことが可能です。

クレスト4℃が自転車の為に開発した最強のガラスコーティング剤になります。
yoroi_image1s.jpg
『ガラスの鎧』
クリスタルコート「ガラスの鎧」はクリスタルガラスに匹敵する
表面硬度7H~9H(塗装面の約3倍の硬さ)になりますので、
耐久性においても素晴らしい効果が得られます。
また、クリスタルガラスのような輝きと小キズの入りにくさにおいても
素晴らしい効果が得られています。

kattyu_image1s.jpg
『カガミの甲冑』
ガラスの鎧よりも ワンランク上のプレミアムコーティング
ガラス被膜の上にフッ素皮膜を形成します。高い撥水力に加え、
撥油性能をプラスした新しいタイプのボディコーティング剤です。
コーティングされた塗装面は、超離形性の特性を持ち水性、
油性の汚れを問わず汚れが剥がれやすい性質となります。

被膜は3次元構造の柔軟性に富んだ被膜で、
あらゆる材質のフレームにも塗装性能を阻害することなく施工ができます。
さらに、超離形性の特性によって空気抵抗低減の効果も期待できます。

※硬さだけは「ガラスの鎧」の方が優れるため
「ガラスの鎧」の上に「カガミの甲冑」Wコートがオススメです。

実際にガラスの鎧をカーボンハンドル施工した画像をご覧ください。

IMG_6776.jpg
施工前の写真になります。
水分が伸びで撥水性はほぼありません
水分と同じく汚れがついてもガラスコーティング皮膜が無いと
汚れも落ちにくくなります。

IMG_6775.jpg
ガラスの鎧を施工した箇所になります。
ガラスコーティングで皮膜ができ水分が伸びずに弾かれております
汚れもガラスコーティングの皮膜の上に付くので落としやすくなります

実際に見て自分の車体にもガラスコーティングしたくなりました

こちらのガラスコーティングはフレームの塗装種類を問わずコーティングは可能です。

施工してからの効果は3年の目安となります。

施工代金になります。

『ガラスの鎧』 ¥8,800(税込)

『カガミの甲冑』 ¥9,900(税込)

『ガラスの鎧』『カガミの甲冑』 Wコート ¥17,600(税込)

※施工に関しましてはフレームの状態にしてからの施工になります。
完成車でのお持ち込みの場合フレーム組立工賃が別途¥16,500(税込)がプラスとなります。

当店自転車購入時の施工の場合こ施工料金のみとなります。

これから自転車をご購入予定のお客様で
車体を綺麗に保ちたいお客様にオススメです。

現在も多くのお客様に施工依頼をお受けしております。
施工にはお日にちを頂きます。

お気軽にお問合せください
【お問合せ】
Rabbit Street 本店 
☎ 06-6115-2111 
✉info@rabbit-street.com
Facebook https://www.facebook.com/RabbitStreet.HeadStore/



コメント : 0
トラックバック : 0

コメント